理想的な住宅を建てるための知識~快適な住宅の実現~

快適な住宅

高気密住宅のメリットとは

高気密住宅が人気です。この高気密住宅とは、遮熱性や気密性を追求して、部屋の空気を外に逃さないように設計された住宅です。 高気密住宅にメリットは、夏場は冷房を効かせる時に、28度以上に設定してもその温度が、外に出にくいために冷房を強めに聞かせなくても十分涼しい状態を維持できるのです。また、夏場より電気代がかかる冬場は暖房を効かす場合でも低温に設定しておけばそのままの暖かい状態を維持できるのです。夏場にしても冬場にしても電気代を節約できるようになります。 また、24時間換気機能もある住宅も多く、夏でも冬でもどの部屋も同じ気温のため廊下に出ても快適なだけでなく、冬場は浴室までもが温かいと言うメリットがあるのです。

そのデメリットは何でしょうか

このようにさまざまなメリットが存在する高気密住宅ですが、当然デメリットがあることも知っておく必要があります。高気密住宅のデメリットとしては設備費がかかるということです。高気密住宅はサッシや玄関ドア、外壁に至るまで普通の住宅とは違う設備です。 また、夏場はエアコンをつける時はいいのですが、つけないときは空気が外に出て行かないため、夜でも暑いままです。これに対して24時間換気システムを使えばよいということになりなすが、24時間換気システムは空気を換気しますが、湿度まではそのまま部屋に残ってしまい湿度が部屋に充満してしまいます。 このように高気密住宅にはデメリットも存在します。メリットとデメリットの両方を比較したうえで上手に利用してみてください。